キッチン選びで失敗して困ったこと

キッチン選びで失敗して困ったこと

キッチンを新しくすることになり、少しでもコストを抑える為、便利性や機能性よりも安いタイプを選んでしまい、毎日キッチンで作業する度に後悔しています。
困っている一つは、蛇口についてでホースタイプにしなかったので、シンク内を洗う時不便に思っています。今のタイプとホースタイプの価格は、それほど変わらなかったのでホースタイプにするべきだったと後悔しています。
次にガスレンジのサイドフェンスが無いので、取り替えタイプのアルミフェンスを使わないといけなくなり、予めフェンスの有無を確認しておくべきだったと思います。
長い期間頻繁に使用するキッチンは、少し安くするよりコストをかけてでも便利性を追求した方が良いと勉強になりました。この先当面は今のキッチンを使うことになるので、工夫をして改善していきたいと考えています。

キッチンを楽しくご機嫌な場所にする

新しいリフォームしたキッチンが使いやすくてご機嫌です。今までの賃貸は4.5畳でしたが、今度の賃貸は6畳あり一人暮らしなのでこんなに広いスペース必要ないのにと思ったものでした。
しかし、それなりのスペースがあると料理も作りやすく、そして片付くのです。
片づけやすくなると、お方付けが下手だった私も常にキッチンが片付いて気持ちの良いキッチンになっています。
そこで思うのは、私の場合は引越しで偶然使い勝手の良いキッチンを手に入れ、楽しいキッチンになりましたが、今現在のキッチンを可能な限り使いやすいように工夫してみることをおススメします。
スペース的に不可能と始めから思わずに、工夫すれば何かしらあるはずです。それができなかったら、せめてご機嫌な空間を一つ儲けることをおススメします。
例えば、生の花を常に飾るようにするとか、見るだけで楽しい趣味のものを置くなど、なにかひとつ遊び心のあるスペースを作ることをおススメします。

しばらく使ってみて。多機能だけが良いとは限りません。

キッチン周りは結構こだわってきたと思っています。
新築時に、特に蛇口はおしゃれなモノで、高機能な商品をと思い、結構な値段をはたいて浄水器一体型、それも蛇腹ホースでシンク周りを洗える商品を購入しました。
しかし入居し5年経過したある日のこと、シンクの水受け部分に結構な量の水が溜まることが。
良くよく調べてみると、水栓の蛇腹ホースの付近から水が漏れていることが発覚。
慌てて水道修理業者を呼ぶも、この商品は海外製ですぐに部品を取り寄せることができない。
取り寄せることができたとしても、数日はかかってしまう。
また、部品の料金も結構な値段がするといわれてしまい、結局面倒くさくなったので、新しい水栓に交換しましたが、
蛇腹ホース、浄水器など多機能タイプのものが日々の日常でそんなに必要かと考えると、結局それがなくても普通に暮らせると感じ、
今では本当にシンプルな水栓(レバーハンドルですが、ストレートのお水、お湯しか出ないタイプ)に低価格で交換しました。

あれこれ機能が付いているのは便利ですが、何かあった時にお金がかかるものだと改めて感じました。